忍者ブログ

Linuxだからできないなんて言わないよ

ubuntuのインターフェイスがUnityになってからインストールしたアプリを覚えられなくなってしまったのでメモ。情弱ちゃんメモ。

Xnp2 PC-98Emu

PC-98シリーズのエミュ、Neko ProjectのUNIX系OS移植版。
Xnp2
http://www.nonakap.org/np2/

本家
ねこープロジェクトII
http://www.retropc.net/yui/np2.html

コンパイル環境構築情報
セットアップ日記 : xnp2のインストール
http://yueda.issp.u-tokyo.ac.jp/weda/blog/?date=20090408
ぼやき事、徒然 : QUASI88とXnp2の再コンパイル
http://u-mex.plala.jp/blogn/index.php?e=50
Kapperのブログ新館 : モバイルUbuntu、NetWalker登場 PC98エミュレータ XNP2コンパイル編 その180
http://kapper1224.sblo.jp/article/58544998.html


下準備 (自分の現在の環境はUbuntu 13.04 64bit)

コンパイルに必要なものをインストール。
端末から
$ sudo apt-get install libsdl-mixer1.2 libsdl-mixer1.2-dev libgtk2.0-dev libglib2.0-dev x11proto-xext-dev gcc-avr build-essential

インストールするもの一覧
libsdl-mixer1.2 libsdl-mixer1.2-dev
libgtk2.0-dev libglib2.0-dev
x11proto-xext-dev
gcc-avr build-essential


その後Xnp2のページよりソースファイルをダウンロード、展開します。
xnp2-20130727.tar.bz2 <--ソースファイル本体
xnp2-help-20130726.tar.bz2 <--ヘルプ(HTML)ファイル

ダウンロードしたら端末から
$ tar jxf xnp2-20130727.tar.bz2 <--解凍
$ cd xnp2-20130727/x11 <--ディレクトリ移動
$ ./configure <--Makefile を作成
$ make
ヘルプにはこのあとmake install するようにと書いてますが、実行ファイルはできてるので好きなところにコピーしてダブルクリックでOK。できればパスの通ったディレクトリに移動もしくはコピーするのがベストかも。
(xnp2という実行ファイルができてるか確認してください。)

設定ファイルなどはホームディレクトリ下の.np2(隠し属性)にあります。
Nautilusで確認する場合はCtrl+Hキーを押してください。
~/.np2にあるフォント用画像ファイルはうまく生成できていないので、本家のWindows用から拝借します。

Neko Project II
http://www.retropc.net/yui/np2.html
Windowsでダウンロードしたファイルを解凍。
本体(実行ファイル)をダブルクリックして実行。別になにもしなくていいので終了してください。

font.tmpというファイルができますので、それをコピーして持ってきます。



システムセットアップ画面へは、起動後 emulate >> Reset (*)キーボードのEndキーを押しておきます。

空のFD/HDDイメージ等はメニューのNewDisk…で作成可能。

18禁ゲームメーカーのALICE SOFTさんが過去の作品をフリーで公開しています。
アリスソフト アーカイブズ :もちろん18歳以下の人はダメ。
http://retropc.net/alice/

普通に動いてしまうのですが、音がね。設定しても何度設定を見直してもブツブツとノイズがのったり、ちぎれちゃったりと完璧にはならないです(>_<。

音が気になってゲームが進まない。。。ので、動作の問題が他にも出てるのかどうか分かりません。


Sound設定について触れているページ
Seaside Tears 2 : 「Neko Project 21」で東方旧作をやってみた。
http://seaside-tears.sblo.jp/article/29687381.html



-----------------------------------------------------------
(*)make installは
$ sudo make install
-----------------------------------------------------------
(*)
パスの通ったディレクトリの確認方法。
端末から
$ echo $PATH

ホームディレクトリにある隠しファイル.profileに
# set PATH so it includes user's private bin if it exists
if [ -d "$HOME/bin" ] ; then
    PATH="$HOME/bin:$PATH"
fi
という記述があるので、自分のホームディレクトリにbinを作ります。
$ mkdir ~/bin
有効にするために
$ source ~/.profile
確認
$ echo $PATH
/home/ユーザー名/bin:が表示されてればOK。

ホームディレクトリのbinディレクトリに実行ファイルを入れると端末から呼び出すのに便利になります。
-----------------------------------------------------------

Xnp(PC-98Emu)その後1(Dashへ登録)



人気ブログランキングへ
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
tetsuo / tenten909
性別:
非公開
職業:
PC管理とグラフィック
趣味:
ねことゴロゴロ
自己紹介:
ゲーム製作系からコンピュータ管理系な仕事にジョブチェンジ。

ブログ内検索

音楽CD

さユり supercell EGOIST

忍者PR

Linux書籍


小さな会社の新米サーバー

インフラ担当者のためのLinuxの常識


はじめてのCentOS7 Linuxサーバ構築編

日経Linux 2015年06月号


Windows→Ubuntu乗り換え

100%活用ガイド (100%ガイド)

気になるアイテム


Nexus 7 Wi-Fi 32GB 2013


誰でもできる!

Raspberry Piで楽しもう


PQI Air Pen


PC自作の鉄則! 2015


俺妹

黒猫 ワンピースver.


佐々木希写真集「ささきき」


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5

渡 航


「合う・合わない」で仕事は決めなさい

ASUS

Copyright ©  -- Linuxだからできないなんて言わないよ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]