忍者ブログ

Linuxだからできないなんて言わないよ

ubuntuのインターフェイスがUnityになってからインストールしたアプリを覚えられなくなってしまったのでメモ。情弱ちゃんメモ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


人気ブログランキングへ

KVM virt-managerを使ってCentOS6のインストール

Ubuntu 13.04 にKVMをセットアップし、ブリッジ設定も終わっているのが前提です。

・ターミナル(端末)から管理者権限付きでvirt-managerを起動します。
$ sudo virt-manager


人気ブログランキングへ
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


・virt-managerが起動したらlocalhost(QEMU)をクリックして接続します。

・virt-manager メニューの 編集 >> 接続の詳細 を選び接続の詳細ウィンドウを開きます。
・詳細ウィンドウ >> ストレージタブ 新規ボリューム(N) ボタンを押してハードディスクイメージを作成しておきます。


・ストレージボリュームを追加ウィンドウでハードディスクイメージの設定をします。

名前はディスクイメージのファイル名になります。
形式はQemuの形式qcow2が無難だと思いますが使用目的によって使い分けてください。

・virt-managerのメインウィンドウにあるモニターアイコン(新しい仮想マシンの作成)を押して作成開始。
・新しい仮想マシンウィンドウが開きますので、仮想マシンの名前を決めて、インストール方法を選択します。

・ローカルのインストールメディアを選び進むボタンを押すとCD/DVDもしくはisoディスクイメージの場所を指定できます。

・インストールするOSの種類も指定しておきます。

・メモリとCPUの設定。


・ストレージの指定。管理しているストレージか、他の既存のストレージを選択する(M)をチェックし参照ボタンを押して、先ほど作成しておいたディスクイメージを指定します。


・インストールの前に設定をカスタマイズするにチェックを入れ、詳細オプションを開き詳細の確認をしておきます。


・仮想マシンの設定ウィンドウが開いたら詳細の確認変更をしておきます。



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


・詳細の確認が終わったら仮想マシンの設定ウィンドウ左上のインストールの開始をクリック。
・Install or upgrade an existing system を選び、エンターキーを押します。

・メディアのチェックは時間がかかるのでSkipしてもかまいません。(CD/DVDイメージが壊れていたらインストールに支障がでます。)

・Nextをクリック。

・言語の選択。Japanese (日本語)を選択しNextをクリック。

・キーボードの選択。

・インストールデバイスの選択。通常は基本ストレージデバイスでOKです。

・警告がでますが作ったばかりのディスクイメージなので中身はないので、はい。含まれていません。どのようなデータであっても破棄してください。(Y)をクリック。

・ホスト名の設定(FQDN)。ホストの名前を決めます。そのままでも構いません。例: centos6.ore-sama.com centos6がホスト名 ore-sama.comがドメイン名になります。
必要ならネットワークの設定をクリックしネットワークの設定をしてください。(後から変更できます。)

・タイムゾーンの選択。「アジア/東京」を選択しシステムクロックでUTCを使用のチェックをはずします。

・管理者パスワードを設定。

・パーティションの作成。すべての領域を使用するで問題ないですが、その場合LVMが構成されます。
例として今回のパーテション分けを晒しておきます。


警告メッセージがでますがメッセージをよく読んで対応してください。
今回はフォーマットして大丈夫なディスクなのでフォーマットボタンをクリック。



パーテションを自分で設定するとブートローダーのインストール設定がでてきます。今回は/bootのある/dev/vda1にインストール指定してます。

・インストールするソフトウェアの選択。Minimal Desktopを選んでおけば最小限ですがGUI環境がインストールされます。
赤丸の今すぐカスタマイズ(C)にチェックを入れて次をクリック。

・ソフトウェアの選択。今回の目的はhttpサーバーだったので、Webサービス関連を指定しましたが、何も入れずに後から個別にインストールするほうが身につくかもです。次をクリックするとインストールの開始です。



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・インストールが完了し、再起動すると初期設定のウィザードが起動します。進むボタンをクリック。

・はい、ライセンス同意書に同意します(Y)を選んで、進むボタンをクリック。

・一般ユーザーの作成。普段自分が使うアカウントの設定です。パスワードの強弱を判定して警告してくる事もあります。

・日付と時刻。時刻がずれていれば設定します。

・Kdump。クラッシュダンプをみても普通は何もわからないので有効のチェックをはずして無効にします。
メモリが2GB以下だとメモリが足りないとエラーメッセージがでます。


初期設定はこれで終了です。OKボタンもしくは終了ボタンをクリック。システムが再起動されます。


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

・再起動したら一般ユーザーアカウントでログインします。

・ログインしたらネットワーク設定が生きてるかどうか確認します。(今回はFirefoxでgoogleにアクセスできるかどうかで判断しています。)

(*初期状態だとNetworkManagerで管理されています。画面右上のネットワークアイコンをクリックすると設定できます。)
(**NetworkManagerが悪さをする場合があるので、NetworkManagerを使わず従来のnetworkサービスを使うのが世間では王道のようです。)

・ネットワークが生きていて外とつながるのが確認できたら、細かい設定の前にまずシステムのアップデート。

端末を開き
$ su -

su -: suのあとに半角スペースと"-"を必ずいれてください。入れないとrootの環境変数が使えなくなります。
パスワード: インストール時に設定したroot(管理者)のパスワードです。
#: コマンドプロンプトが"$"から"#"に変化したら管理者の権限を持ったという事になります。


# yum -y update

yum: yumコマンド(Yellowdog Updater Modified)の呼び出し。
-y: 設問にたいしてyesと答えるオプションだと思ってください。
update: yumコマンドでアップデート可能な全パッケージをアップデートするオプション。



以上でインストール作業は完了です。









PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
tetsuo / tenten909
性別:
非公開
職業:
PC管理とグラフィック
趣味:
ねことゴロゴロ
自己紹介:
ゲーム製作系からコンピュータ管理系な仕事にジョブチェンジ。

ブログ内検索

音楽CD

さユり supercell EGOIST

忍者PR

Linux書籍


小さな会社の新米サーバー

インフラ担当者のためのLinuxの常識


はじめてのCentOS7 Linuxサーバ構築編

日経Linux 2015年06月号


Windows→Ubuntu乗り換え

100%活用ガイド (100%ガイド)

気になるアイテム


Nexus 7 Wi-Fi 32GB 2013


誰でもできる!

Raspberry Piで楽しもう


PQI Air Pen


PC自作の鉄則! 2015


俺妹

黒猫 ワンピースver.


佐々木希写真集「ささきき」


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5

渡 航


「合う・合わない」で仕事は決めなさい

ASUS

Copyright ©  -- Linuxだからできないなんて言わないよ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]