忍者ブログ

Linuxだからできないなんて言わないよ

ubuntuのインターフェイスがUnityになってからインストールしたアプリを覚えられなくなってしまったのでメモ。情弱ちゃんメモ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


人気ブログランキングへ

商用ソフト alphavm のお試し版

EmuVM
http://www.emuvm.com/index.php

旧DECのAlphaマシンのエミュレータ。
DEC Alpha : Wikipedia [Ja]
http://ja.wikipedia.org/wiki/DEC_Alpha

free版の機能制限は
設定できるCPUが1つ。Memoryは512MBが上限。使えるマシンタイプが少ない。くらいでしょうか・・・
実機からの乗り換えを検討するんだったら十分な機能なのかな?

usermanual.pdfが同梱されているので、詳しくはそちらを参照してください。
debian/ubuntuでの操作を丁寧に書いてあります。英語だけど大丈夫。というか見ないとわからない事だらけよ。



Linux用のファイルを解凍すると以下のファイルがでてきます。

LICENSE
README
RELNOTES
usermanual.pdf
:ライセンス情報やマニュアル等のドキュメント類


alphavm_free
:実行ファイル。本体。

example.emu
:設定ファイルのサンプル。というかテンプレート。これをコピーして使います。

install.sh
mkdisk
uninstall.sh
:シェルスクリプト。install.sh/uninstall.shは"/usr/bin"にコピーしたり削除したりするだけ。mkdiskもddコマンドを呼んでるだけで変な事はしてないっぽ。
mkdiskファイルは実行権限がついてないので
$ chmod +x mkdisk
上記コマンド操作で実行権限を設定しておく。


・Alphaエミュ以外で必要なモノ。(マニュアルに載っています。)
libcap2-bin
putty
make
libpcap-dev
bridge-utils
uml-utilities
すべてapt-getコマンドでインストールできます。

・インストール
インストール用スクリプトファイルのあるディレクトリで以下のコマンドを実行。
$ ./install.sh

・下準備
ケーパビリティの設定。
管理者の持ってる特別な権限を細かく分割して、その権限の一部を付与するって感覚です。
しっかり理解してなくて、これ以上の説明ができない…
詳しくは↓を参照
Man page of CAPABILITIES (日本語よ) : http://linuxjm.sourceforge.jp/html/LDP_man-pages/man7/capabilities.7.html

$ sudo setcap cap_net_raw,cap_net_admin=eip /usr/bin/alphavm_free

設定できたかどうか確認。

$ sudo getcap /usr/bin/alphavm_free

/usr/bin/alphavm_free = cap_net_admin,cap_net_raw+eip
↑この表示がでてたらOK。


dongle(ドングル)の設定はたぶんpro版向けなのでスキップ。

ハードディスクイメージ作るよ。
引数なしで実行すると使い方が表示されます。
$ ./mkdisk
Create empty disk image
USAGE: ./mkdisk <type> <file>
<type> is the disk type
rz26      - DEC RZ26, 1Gb
rz28d     - DEC RZ28D, 2Gb
rz29b     - DEC RZ29B, 4Gb
rz59      - DEC RZ59, 8.5Gb
hdd10gb, hdd20gb, ... hdd120gb - EmuVM image of a specific size


$ ./mkdisk rz59 my_hdd.img
これで、8.5GBのイメージファイルができます。
ddコマンドを呼んでるだけなので、ddコマンドで作っても大丈夫みたい。



・設定ファイルの準備をします。
同梱されていた、example.emuをコピーします。
$ cp example.emu 好きなファイル名.emu

例:
$ cp example.emu my_alpha.emu

設定できる項目はたくさんあるのだけど、機能制限もあるので実際いじるところは数ヶ所です。
(HDD/CD_Drive/EtherNet)

Disk Image fileのパス。
マニュアル(pdfファイル)の例
        #----------------------------------------------------------------------
        # Disk image file.
        #----------------------------------------------------------------------
        file    = '/home/artem/Test/vms83test.dd';  :ここにイメージファイルのフルパスを記入。

光学ドライブの設定
イメージファイル(.iso)のパスを指定、もしくは実ドライブの指定。
    #--------------------------------------------------------------------------
    # SCSI CD/DVD.
    # See remarks about SCSI disk.
    # The file options can specify either an ISO image or a CDROM device.
    #--------------------------------------------------------------------------
    scsi_cdrom iso {
        scsi_id = 4;

        file    = '/home/artem/Test/iso/vms84.iso';      :ここにイメージファイルのフルパスを記入。  
        # file = '/dev/cdrom'; :もしくは上の行の頭に#を足して、この行の#を消してdeviceを指定。例:'/dev/sr0'
                   
        async    = yes;   

ネットワーク(Etherの設定)はPDFファイルの"2.10.1 Communication between the host and AlphaVM"をよく読んでください。自分の環境ではbr0がすでに設定されているので、tapデバイスを作成して、br0と繋ぐだけで終了でした。
tapデバイスは再起動したら消えちゃうので、ずっと使う場合は設定ファイルや起動用スクリプトを書く事おすすめ。
実行例:同梱されているマニュアル(PDF)をよっく読んでね!
$ sudo tunctl -t tap0 -u tetsuo :tapデバイス作成。ユーザー名は変えてね。
$ sudo ifconfig tap0 up :tapデバイス起動。
$ sudo brctl addif br0 tap0 :tap0とbr0の紐付け。
$ sudo brctl show :状況の確認。

設定ファイル
    #--------------------------------------------------------------------------
    ether eth0 {
        #----------------------------------------------------------------------
        # Emulated adaptrer type:
        # DEC 21040 is also known as DE435
        # DEC 21143 is also known as DE500
        #----------------------------------------------------------------------
        type = dec21040;
        #type = dec21143;

        #----------------------------------------------------------------------
        # Ethernet emulation backend: pcap or dummy.
        # WinPCAP must be installed on Windows in order to use pcap.
        # The dummy backend can be used to disable the interface mapping.
        #----------------------------------------------------------------------
        #server = pcap;
        server = dummy;

        #----------------------------------------------------------------------
        # On linux you can check available interfaces with ifconfig -a.
        # The interface specification has the form
        # interface = 'eth0';
        # In order to use pcap the user must be root, or the vm must be
        # setuid to root, or the user must have capabilities such as
        # CAP_NET_RAW and CAP_NET_ADMIN.
        #
        # By default (if no interface is specified)
        # it picks the first available interface.
        #----------------------------------------------------------------------
        interface = 'eth0';

以下のように変更。
server = tap
interface = 'tap0';


puttyの設定

Session項目
・HostName : Port
localhost : 20000

・Connection type:
●Raw

Terminal項目
・Line discipline options
Local echo
●Force off
Local line editing
●Force off

この設定を名前を付けて保存しておく。



いよいよ実行。
$ alphavm_free 設定ファイル

$ alphavm_free my_alpha.emu

puttyを起動して先ほどの設定を読み込んで Open ボタンクリック。
接続されたらWelcome to EmuVM hardware emulator.と表示されます。
Enterキーを押すとSRMコンソールのプロンプト(>>> )が表示されます。

CDから起動は
>>> boot dka400

HDDからの起動は
>>> boot dka0

>>> show dev
デバイスの確認。

どうしてもAlphaマシンじゃないとダメって環境な人は試してみる価値ありかもです。



人気ブログランキングへ
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
tetsuo / tenten909
性別:
非公開
職業:
PC管理とグラフィック
趣味:
ねことゴロゴロ
自己紹介:
ゲーム製作系からコンピュータ管理系な仕事にジョブチェンジ。

ブログ内検索

音楽CD

さユり supercell EGOIST

忍者PR

Linux書籍


小さな会社の新米サーバー

インフラ担当者のためのLinuxの常識


はじめてのCentOS7 Linuxサーバ構築編

日経Linux 2015年06月号


Windows→Ubuntu乗り換え

100%活用ガイド (100%ガイド)

気になるアイテム


Nexus 7 Wi-Fi 32GB 2013


誰でもできる!

Raspberry Piで楽しもう


PQI Air Pen


PC自作の鉄則! 2015


俺妹

黒猫 ワンピースver.


佐々木希写真集「ささきき」


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5

渡 航


「合う・合わない」で仕事は決めなさい

ASUS

Copyright ©  -- Linuxだからできないなんて言わないよ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]