忍者ブログ

Linuxだからできないなんて言わないよ

ubuntuのインターフェイスがUnityになってからインストールしたアプリを覚えられなくなってしまったのでメモ。情弱ちゃんメモ。

lsコマンドのオプションは alt を忘れなければ何とかなると先輩は言った

その昔、仕事で数ヶ月ご一緒したLinuxの師匠が言った言葉です。
その方は色々詳しいんだけど、教えるのが面倒らしくいつもテキトーにはぐらかします。
でも、その言葉は実際に現場で役立つ事が多くて今でも人生の師匠の一人だと思っています。

んで、lsコマンドのオプションだけど、実際 a l t でなんとかなるんですね。

-a:隠しファイルも含めてすべて表示
-l:詳細なリスト
-t:ファイル更新時間で新しい順にソート

あとは F R かな。

-F:ファイル名にファイル・タイプを表す記号を付けて表示。(例)ディレクトリは"/"、実行可能ファイルは"*"、シンボリック・リンクは"@"等。
-R:子ディレクトリの内容も表示。

(*)
ヘルプの内容
$ ls --help
使用法: ls [オプション]... [ファイル]...
FILE に関する情報を一覧表示します (デフォルトは現在のディレクトリ)。
-cftuvSUX または --sort が指定されない限り、要素はアルファベット順で並べ替えられます。

長いオプションに必須の引数は短いオプションにも必須です。
  -a, --all                  . で始まる要素を無視しない
  -A, --almost-all           . および .. を一覧表示しない
      --author               -l と合わせて使用した時、各ファイルの作成者を表示する
  -b, --escape               表示不可能な文字の場合に C 形式のエスケープ文字を表示する
      --block-size=SIZE      scale sizes by SIZE before printing them.  E.g.,
                               '--block-size=M' prints sizes in units of
                               1,048,576 bytes.  See SIZE format below.
  -B, --ignore-backups       do not list implied entries ending with ~
  -c                         with -lt: sort by, and show, ctime (time of last
                               modification of file status information)
                               with -l: show ctime and sort by name
                               otherwise: sort by ctime, newest first
  -C                         list entries by columns
      --color[=WHEN]         colorize the output.  WHEN defaults to 'always'
                               or can be 'never' or 'auto'.  More info below
  -d, --directory            list directory entries instead of contents,
                               and do not dereference symbolic links
  -D, --dired                generate output designed for Emacs' dired mode
  -f                         do not sort, enable -aU, disable -ls --color
  -F, --classify             append indicator (one of */=>@|) to entries
      --file-type            likewise, except do not append '*'
      --format=WORD          across -x, commas -m, horizontal -x, long -l,
                               single-column -1, verbose -l, vertical -C
      --full-time            like -l --time-style=full-iso
  -g                         -l と同様だがファイル所有者を表示しない
      --group-directories-first
                             ファイルの前にディレクトリをグループ化して表示する。
                               --sort オプションの一つと併せて使用するが、
                               --sort=none (-U) と併せたときはグループ化しない
  -G, --no-group             詳細リスト形式の時にグループ名を表示しない
  -h, --human-readable       -l と併せて使用したときに人間が読みやすい形式で表示する
                               (例: 1K 234M 2G)
      --si                   上と同様だが乗数の単位に 1024 の代わりに 1000 を使用する
  -H, --dereference-command-line
                             コマンド行でリストされたシンボリックリンクを辿る
      --dereference-command-line-symlink-to-dir
                             コマンド行のシンボリックリンクがディレクトリを指している
                             時にはシンボリックリンクを辿る
      --hide=PATTERN         シェル形式の PATTERN に一致する要素は表示しない
                               (-a または -A で上書きされる)
      --indicator-style=WORD  append indicator with style WORD to entry names:
                               none (default), slash (-p),
                               file-type (--file-type), classify (-F)
  -i, --inode                print the index number of each file
  -I, --ignore=PATTERN       do not list implied entries matching shell PATTERN
  -k, --kibibytes            use 1024-byte blocks
  -l                         詳細リスト形式を表示する
  -L, --dereference          シンボリックリンクのファイル情報を表示するときは
                               リンクそのものではなくリンク参照先のファイル
                               情報を表示する
  -m                         要素のリストをカンマで区切り、一行に詰め込む
  -n, --numeric-uid-gid      -l と同様だが UID と GID を数値で表示する
  -N, --literal              生の要素名を表示する (制御文字などを特別扱いしない)
  -o                         -l と同様だがグループ情報を表示しない
  -p, --indicator-style=slash
                             ディレクトリに対して識別子 / を加えて表示する
  -q, --hide-control-chars   print ? instead of non graphic characters
      --show-control-chars   show non graphic characters as-is (default
                             unless program is 'ls' and output is a terminal)
  -Q, --quote-name           enclose entry names in double quotes
      --quoting-style=WORD   use quoting style WORD for entry names:
                               literal, locale, shell, shell-always, c, escape
  -r, --reverse              ソート順を反転させる
  -R, --recursive            子ディレクトリを再帰的に一覧表示する
  -s, --size                 ブロック単位で各ファイルサイズを表示する
  -S                         ファイルサイズ順にソートする
      --sort=WORD            名前順の代わりに次の WORD で指定した順でソートする: none -U,
                             extension -X, size -S, time -t, version -v
      --time=WORD            -l と併せて使用し、ファイル更新時刻の代わりに次の WORD
                             で指定した時間を表示する: atime -u, access -u, use -u, ctime -c,
                             または status -c。
                             --sort=time を指定した場合はソートのキーとして
                             指定した時間が使用される
      --time-style=STYLE     with -l, show times using style STYLE:
                             full-iso, long-iso, iso, locale, +FORMAT.
                             FORMAT is interpreted like 'date'; if FORMAT is
                             FORMAT1<newline>FORMAT2, FORMAT1 applies to
                             non-recent files and FORMAT2 to recent files;
                             if STYLE is prefixed with 'posix-', STYLE
                             takes effect only outside the POSIX locale
  -t                         ファイル更新時間で新しい順にソートする
  -T, --tabsize=COLS         タブ幅を 8 の代わりに COLS にする
  -u                         -lt と使用: アクセス時間でソート、表示する
                               -l と使用: 名前でソートし、アクセス時間を表示する
                               その他: アクセス時間でソートする
  -U                         ソートをしない。ディレクトリに含まれている要素順で表示する
  -v                         自然な (バージョン) 数字順でソートする
  -w, --width=COLS           スクリーン幅として現在の値の代わりに COLS を使用する
  -x                         要素を列ごとではなく行ごとに表示する
  -X                         拡張子のアルファベット順にソートする
  -Z, --context              各ファイルの SELinux セキュリティコンテキストを表示する
  -1                         1 ファイル 1 行で表示する
      --help     この使い方を表示して終了する
      --version  バージョン情報を表示して終了する

SIZE is an integer and optional unit (example: 10M is 10*1024*1024).  Units
are K, M, G, T, P, E, Z, Y (powers of 1024) or KB, MB, ... (powers of 1000).

デフォルトまたは --color=never を指定した場合、ファイルの種類を判別するための
カラー表示は無効となります。 --color=auto を指定した場合、標準出力が端末に接続
されている場合のみカラーコードを出力します。LS_COLORS 環境変数によって動作
を設定できます。LS_COLORS を設定する場合は dircolors を使用してください。

終了ステータス:
 0  正常終了、
 1  軽微な問題が発生 (例: 子ディレクトリにアクセスできない)、
 2  重大な問題が発生 (例: コマンド引数が誤っている)。

ls のバグを発見した場合は bug-coreutils@gnu.org に報告してください。
GNU coreutils のホームページ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/>
GNU ソフトウェアを使用する際の一般的なヘルプ: <http://www.gnu.org/gethelp/>
ls の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。
完全な文書を参照する場合は info coreutils 'ls invocation' を実行してください。




人気ブログランキングへ
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
tetsuo / tenten909
性別:
非公開
職業:
PC管理とグラフィック
趣味:
ねことゴロゴロ
自己紹介:
ゲーム製作系からコンピュータ管理系な仕事にジョブチェンジ。

ブログ内検索

音楽CD

さユり supercell EGOIST

忍者PR

Linux書籍


小さな会社の新米サーバー

インフラ担当者のためのLinuxの常識


はじめてのCentOS7 Linuxサーバ構築編

日経Linux 2015年06月号


Windows→Ubuntu乗り換え

100%活用ガイド (100%ガイド)

気になるアイテム


Nexus 7 Wi-Fi 32GB 2013


誰でもできる!

Raspberry Piで楽しもう


PQI Air Pen


PC自作の鉄則! 2015


俺妹

黒猫 ワンピースver.


佐々木希写真集「ささきき」


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5

渡 航


「合う・合わない」で仕事は決めなさい

ASUS

Copyright ©  -- Linuxだからできないなんて言わないよ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]